キューティクルの役割や守り方について

  1. HOME
  2. 美容師がアドバイスする髪のこと
  3. キューティクルの役割や守り方

スペシャルメニュー

きれいな髪に欠かせない! 「キューティクル」とは?

ヘアケア用品の広告やテレビCMでよく見聞きする「キューティクル」。髪の美しさを左右するものとは分かっていても、詳しく知っている方は少ないのでは? ここではキューティクルの役割や守り方などについてご紹介します。

 

 

キューティクルとは

 

キューティクルは、髪の毛の表面を覆う薄い細胞の層です。顕微鏡で見るとちょうど魚のウロコのような形状をしています。

 

このキューティクルが髪の表面にツヤを出し、バリアとなって外部の刺激から毛髪の内部をガード。さらに、髪の内部にある水分やたんぱく質を逃がさないよう保護しているのです。

健康な髪の場合、ウロコ状の組織は密に重なりあってキレイに整っていますが、さまざまな刺激によって傷んだ髪は組織がはがれてボロボロに。一度はがれてしまったキューティクルは、二度と再生することはありません。

 

 

キューティクルがはがれてしまう原因と症状

 

髪を守るバリアの役割を担うキューティクルですが、いくつかの弱点があります。

 

・摩擦

タオルドライやブラッシングによる「摩擦」です。特に、髪が濡れている時はキューティクルが開いているため、この状態のときタオルでゴシゴシと拭いたり、無理やりブラシを通したりするとキューティクルが傷ついてしまいます。

 

・熱

太陽光(紫外線)やドライヤーによる「熱」です。同じ場所に高温の熱や風が当たり続けるとキューテイクルの主成分であるたんぱく質が変性し、はがれやすくなります。

 

・加工

パーマやカラーリングによる髪の「加工」です。パーマ液やカラーリング剤はキューティクルを開かせて浸透させるので、繰り返し行うとダメージが蓄積されてしまいます。

 

これらの刺激によってキューティクルがはがれると、髪は水分やたんぱく質を保持できなくなってパサパサに。さらには色素も抜けやすくなるため、最悪の場合は“干し草”のような状態になってしまうかも……。

 

 

キューティクルを保護するには

 

一度はがれてしまったら元には戻らないキューテイクル。大切な髪の“バリア”を守るためには、どのようにしたらよいでしょうか? まず、キューティクルが傷む原因である「摩擦」、「熱」、「加工」を控えることが肝心です。

 

・タオルドライやブラッシングは優しくしてなるべく摩擦を防ぐこと。

・外出時は紫外線対策をして、ドライヤーは同じ場所にずっと当てないように。「低温ドライヤー」を使うのもおすすめです。

・パーマやカラーリングはなるべくダメージの少ないものを選んで頻度を下げる。

 

このように髪への負担をなるべく軽減させることが、美しい髪への第一歩です。

 

また、キューティクルは一度はがれてしまうと再生することはできませんが、はがれかけの状態であれば修復することが可能です。

髪がパサついて「傷んできたかも?」と思ったら、修復効果のあるシャンプーやトリートメントを使って髪に栄養を与え、キューティクルをリペアしてあげましょう。

 

 

弱点が多くデリケートなキューティクルを、どれだけ美しく保てるかはあなたのケア次第。日常生活でのちょっとした工夫と、髪に優しいシャンプー&トリートメントで、キューティクルの整ったきれいな髪を手に入れましょう。


PAGE TOP