髪のツヤアップ! ドライヤーの正しい使い方

  1. HOME
  2. 美容師がアドバイスする髪のこと
  3. 髪のツヤアップ! ドライヤーの正しい使い方

スペシャルメニュー

あなたのドライヤーの使い方、大丈夫?髪のツヤアップ! ドライヤーの正しい使い方

お風呂上りに、スタイリングに、毎日利用するドライヤー。濡れた髪をきちんと乾かすことは髪や頭皮の健康のために必要なことですが、使い方を間違うと、パサパサ髪や傷んだ頭皮を生む行為になりかねません。あなたのドライヤーの使い方、大丈夫ですか?

 

 

ドライヤーの使い方を間違えるとどうなる?

 

私たちの髪の毛は表面を覆うキューティクルに守られています。しかし、キューティクルは熱や摩擦などの刺激に弱いもの。ドライヤーの温風を必要以上に浴びたり、乾かす際にガシガシと強くこすったりすると、キューティクルが剥がれてパサパサの髪になってしまう可能性もあります。

 

また、頭皮には髪の毛を作る毛母細胞があり、これもドライヤーの熱によってダメージを受けると抜け毛や薄毛の原因になるのです。

 

 

ドライヤーを使う時のポイント

 

では、ドライヤーの正しい使い方とはどんなものなのでしょう? 今すぐ使えるコツをいくつか挙げてみました。

 

高温にしすぎない

私たちの髪は、表面温度が100℃以上になるとたんぱく質が変性して傷んでしまいます。ドライヤーの温風は、吹き出し口から3㎝の位置で140℃以内にするようJIS企画で定められており、5㎝ほど離れた場所の温度はおよそ100~110℃。髪とドライヤーの最適な距離は、温風が100℃未満となる10~15cmだということです。この規定を意識してドライヤーとの距離を保つようにしましょう。

 

・毛先ではなく根元に温風を当てる

頭皮が湿っていると雑菌が繁殖し、イヤな臭いやかゆみの原因に。濡れた髪を乾かす際は、髪の根元に指を差し入れ、頭皮を軽くこするように動かしながら温風を送りこむようにしましょう。その際、頭皮を傷つけないよう指の腹を使ってこするようにしてください。

そして、髪の根元が乾いてくる頃には、毛先の方もほとんど乾いているはず。あとは全体に軽く風を当て、最後に冷風で髪をまとめてフィニッシュ。冷風には、髪を落ち着けるだけでなくキューティクルを引き締める効果もあるので、乾燥の仕上げに使うのがおすすめです。

 

・同じ場所に当て続けない

一カ所に温風を当て続けて髪の温度が高くなると、キューティクルが破壊されて傷んだり、頭皮にある毛母細胞がダメージを受けたりする可能性があります。温度が上がり過ぎないよう、ドライヤーを左右に振って温風を当てながら乾かすようにしましょう。

 

 

早く髪の毛を乾かしたい場合には

 

入浴後の濡れた髪をドライヤーで乾かすのは意外と時間がかかるもの。ロングヘアや毛量の多い方ならなおさらですね。

 

そんな時に知っておくと便利な「裏ワザ」が、 “髪の毛をタオルでくるむ”こと。乾いたフェイスタオルを1枚用意して髪の毛をくるんだ状態で、タオル越しにドライヤーをかけるだけ。

こうすることで、タオルが髪の水分を吸収し、そのタオルをドライヤーがすばやく乾かしていくので、タオルは常にカラカラの乾燥状態。

乾燥したタオルはさらに髪の水分を吸い上げるので、あっというまに乾くというわけです。裏ワザを使う前にしっかりタオルドライをして、目の荒いブラシやコームでとかしておくと、乾いた髪がまとまりやすくなりますよ。

 

 

私たちの髪や頭皮の細胞はとてもデリケート。ドライヤーの熱によるダメージが、思いもよらないヘアトラブルを招くことも珍しくありません。正しい使い方をマスターして髪美人を目指していきましょう。

 


PAGE TOP