ヘアワックスの種類と特徴

  1. HOME
  2. 美容師がアドバイスする髪のこと
  3. ヘアワックスの種類と特徴

スペシャルメニュー

自分の髪質やヘアスタイルに応じていくつかを使い分けよう!ヘアワックスの種類と特徴

髪のスタイリングに欠かせないヘアワックス。かっちりセットしたい時もアレンジや遊びを加えたい時にも使える便利なアイテムですが、その種類は実にさまざま。自分の髪質やヘアスタイルに応じていくつかを使い分けるのが正しい使い方のようです。では、さっそく主な種類とその特徴を見ていきましょう。

 

 

・がっちりキープしたいときには「ジェルワックス」

強いスタイリング力と艶感が特徴のヘアワックスです。ボリュームを抑えてパリッと固めることができるため、毛量が多く広がりやすい髪や、ショート&ベリーショートなどのかっちりとキープしたい髪型に適しています。タオルドライ後の濡れた髪にも使うことができるので、ヘアセットにかける時間が短縮されるのも嬉しいですね。

 

・毛先に動きをつけたいなら「ファイバーワックス」

その名の通り、ファイバー(繊維)が配合されているヘアワックスです。ねじって毛束を作るなど、毛先に動きをつけるような髪型に適しています。大変伸びが良くて髪になじみやすく、さらに適度なセット力もあり、ヘアワックス初心者でも扱いがカンタン。しかし、付けすぎると髪の毛がペッタリとして重い印象になってしまうので、まずは少量をつけ、少しずつ足しながらセットしていくと良いでしょう。

 

・艶感とサラサラ感を出すには「クリームワックス」

ファイバーワックスと、後述するドライワックスの中間に位置するヘアワックス。ファイバーワックスより重く、ドライワックスより軽い質感をもっています。適度なキープ力と艶感をもちながらサラサラ感を残すことができ、使い勝手の良さはNO.1。伸びが良いので初心者にも扱いやすく、どんな髪型にも使うことができます。ひとつは持っていたいヘアワックスと言えるでしょう。

 

・セクシーな濡れ艶髪を演出するなら「グリースワックス」

髪に濡れたような艶感を出したい時に使うヘアワックスで、「ポマード」、「グロス」とも呼ばれています。透明でジェルワックスと似た質感がありますが、カッチリと固めるほどのキープ力はありません。パサつく髪をまとめ、毛束感や遊びのあるスタイルにセットすることができます。「グリース」と聞くと男性が使うイメージがあるかもしれませんが、セクシーな濡れ艶髪は女性にも人気上昇中! 使い方次第で、女性らしくもマニッシュに仕上げられるアイテムです。

 

・ふんわり自然な髪型に適した「ドライワックス(マット・クレイ)」

油分が少なく軽い質感をもつヘアワックスです。艶感を出さず、ふんわりとした自然な髪型に仕上げたい時に適しています。猫っ毛や軟毛でもきちんとまとまり、動きのあるスタイルを作ることができますが、太く固い剛毛タイプや広がりやすい髪質には向きません。また、固くて伸びが悪いため、慣れないと使いづらいというデメリットも。「マットワックス」、「クレイワックス」とも呼ばれています。

 

 

髪の量や髪質、してみたい髪型などによって、使うべきヘアワックスは変わってきます。「思うような髪型に仕上がらないな……」と思ったら、まずは自分の髪としっかりと向き合ってみましょう。きっとあなたに最適なヘアワックスが見つかるはずです

 

 

 


PAGE TOP