縮毛矯正を長持ちさせたい! 長持ちさせる方法は?

  1. HOME
  2. 特許庁も認めた縮毛矯正 アクアストレート
  3. 縮毛矯正を 長持ちさせる方法

スペシャルメニュー

縮毛矯正を長持ちさせたい! 長持ちさせる方法は?

縮毛矯正の施術というのはヘアサロンのメニューのなかでもかなり高額な方の施術です。それでなるべく長く縮毛矯正の効果が続いてほしいというのが多くの人の願いだと思います。縮毛矯正の一般的な持続時間とはどれくらいなのでしょうか。そして効果を長持ちさせる方法はあるのでしょうか。

縮毛矯正の持続時間の目安

縮毛矯正をしても時間と共に効果が薄れてきたり、髪の痛みなどによってまたクセがついてきてしまったりすると感じている方は多いと思います。縮毛矯正をおこなう場合に使う薬品などもサロンによって違いがありますが、一般的に縮毛矯正の効果はどれくらい持続するものなのでしょうか。

実際問題縮毛矯正がどれほど持続するのはケースバイケースであり、人によってもかなり差があります。大体の数字で考えると3~6か月くらいのスパンで縮毛矯正をかけるほうが良いでしょう。元々のクセがどれほど強いかなどによっても違いが出てきますが、どれほど強い薬品を使ったか、どれほどの温度設定で矯正のためのアイロンをかけたかなどによっても変わってきます。持続力重視の場合は強い薬品で高温設定のストレートアイロンを使用しますが、髪の毛の負担が大きくなることは覚悟しなければいけないでしょう。

縮毛矯正を長持ちさせる方法

縮毛矯正の持続時間に関しては、自宅でどれくらい丁寧にケアするかがかなり影響してきます。例えば、濡れた髪を長時間放置してしまうことは縮毛矯正の効果を長続きさせるうえではマイナスの影響があります。さらにシャンプーによっても変わってきます。縮毛矯正をしたあとはなるべく髪の毛に優しいマイルドなシャンプーを使用することをおすすめしたいです。効果を長持ちさせることによって高額な縮毛矯正をする頻度を下げることもできますので、なるべく丁寧なヘアケアを心がけるようにしましょう。

・同時にヘアカラーをすることを避ける

縮毛矯正でキレイなストレートヘアにすると同時にヘアカラーを変えて好きな色にしたいという人は多いかもしれません。しかし縮毛矯正とヘアカラーを同時にしてしまうことは縮毛矯正の効果を長持ちさせるという観点ではあまりおすすめできることではありません。理由は単純で、どちらもかなり髪の毛に負担をかける行為だからです。縮毛矯正でもかなり強いパーマ液を使用していますので、ヘアカラーを同時にしてしまうと痛みがダブルパンチになってしまいます。美容師さんに相談しながらなるべく別の日に施術したほうが良いようです。

・1日後にシャンプーをする

以前は縮毛矯正から48時間ほどあけてからシャンプーをしたほうが良いという時代もあったようですが、今では色々と技術が進み、縮毛矯正の施術その日でもシャンプーできるようになったようです。しかし縮毛矯正の翌日までは薬剤やクセが落ちない威容シャンプーを控えたほうがよいと言われています。髪質などによっても条件は異なってくるので、施術後に美容師さんにしっかりと確認しておきましょう。

・髪に癖がつくようなことはしない

せっかく縮毛矯正したのに、またクセをつけてしまいかねない行為があります。それがゴムなどを使ってヘアアレンジしたりすることです。もちろん同じ理由で防止などをかぶって髪の毛を固定することも避けたほうがよいです。縮毛矯正後すぐにこうした行為をするとせっかく真っ直ぐになった髪の毛にまたすぐクセがついてしまう可能性が高いので気をつけましょう。もしどうしても縛りたい時などはシュシュなどを用いて優しく縛るようにしましょう。

・弱酸性のシャンプーなど、髪に優しいシャンプーをする

どんなシャンプーを選ぶかというのは難しい問題です。次々と新しい製品が出ますし、自分の髪との相性もあるので色々と使ってみて自分に合うものを見つけるしかないのですが、特に縮毛矯正後には髪質に変化が生じるのでなるべく刺激の少ない髪に優しいマイルドなものを選択するほうが良いでしょう。弱酸性のものや、洗浄力の弱いものなどをチョイスするほうが賢明です。

・シャンプー後、しっかり乾かしてから寝る

特に女性であればシャンプー後のブローは生活の一部となるくらい習慣になっていると思いますが、一方でなかなか面倒くさくて濡れたまま放置して自然乾燥にしてしまう人などもいるかもしれません。男性であれば特にそういう人は少なくありません。しかし縮毛矯正をした後はシャンプー後しっかりと髪の毛を乾かすことが重要になってきて、それが縮毛矯正の効果を長持ちさせることにもつながります。

・コームでコンディショナーをつける

縮毛矯正した髪の毛にトリートメントをする時はコームを用いるようにしましょう。普段手ぐしでおこなう習慣がある人もトリートメントやコンディショナーを、コームを使用して髪になじませるようにしたほうが縮毛矯正の長持ちに役立ちます。

再度縮毛矯正をするタイミング

縮毛矯正はもともとのクセを薬剤と熱でまっすぐに変えるものです。そのため、新しく生えてくる髪には本来のクセが出てしまいますので、ケアに気を付けていたとしてもある程度髪が伸びてきたらかけ直す必要があります。ショートヘアの方で3~4ヶ月くらい、ロングヘアーの方で6ヶ月くらいが次の縮毛矯正の目安です。もちろんケアを怠れば、傷みや新たなクセで効果が薄れてしまうので、もっと早くにクセが出てしまうこともあります。


少しでも縮毛矯正の効果が長持ちするように、上記の点に気をつけてヘアケアをするようにしましょう。丁寧なケアで縮毛矯正を長持ちさせ、適切なタイミングで次の施術を受けることで、常に美しいストレートヘアを保つことができます。


PAGE TOP