シャンプーの後ろ

20161207_155101

 

 

 

 

 

シャンプーの後ろに表記されてる文字をみたことありますか?
なにやら難しい文字がずらずらと。。

これは、化粧品や食品に関しても同じですね。

シャンプーは、様々な原料を組み合わせて作られています。
シャンプー内に含まれる量が多いものほど、上に表記されます。

まず一番始めに、「水」
そしてその次には、前回のシャンプー記事で書いた、
洗浄成分である「界面活性剤」の種類が表記されます。
中でも、合成界面活性剤のおそろしさについて書きましたが、
表記を見るうえで、水の次に記されている「界面活性剤の種類」に注目すれば、
シャンプーの良し悪しがすぐにわかります!
何て表記されてるの??
ではまず、避けたほうが良いという成分をお伝えします。

これを知れば、頭皮、髪の毛に悪影響のあるほとんどのシャンプーを避けることができます。
「ラウリル」「硫酸」
などという文字がつくもの。

例・・・ラウリル硫酸Na
ラウリル硫酸カリウム
などと表記されてることが多いです。

これが石油系合成界面活性剤のひとつ。

この成分は、旧厚生省が定めた「アレルギーや湿疹などの皮膚刺激をおこす恐れのある成分」です。

ではオススメのシャンプーの表記は??
洗浄剤に、両性界面活性剤を使用したもので、アミノ酸系、ベタイン系などが多いです。
美容室のシャンプーは、コレが多いと思います。

表記としては、、
○○ベタイン
ココイル○○
ラウロイル○○

などが多いです。

ただ、悪影響のあるシャンプーに比べると、良い成分を使ったシャンプーは、日々進化し、表記される内容が増えてきています。

なので、「使ってはいけない成分」
を覚えていたほうが良いです♪
楽チン大人エアリーショート
今や、カラーやパーマは当たり前の時代です。
すると、ダメージの全くない髪の毛の方なんてまずいません。
何もしていなくても、乾燥したり、日焼けしたりなどで、退化していきますから。

肌は自力で再生する力をもちますが、髪の毛は一度ボロボロになると、切り落とさなければムリなのです。

だからこそ、そうなる前のケアが大事なのです!
そのケアのツールとして、一番の近道になるものが『シャンプー』なのです。

トリートメントより、スタイリング剤より、
『なりたい自分』に近づけてくれるものだと思います。

さて、今からシャンプーの後ろの表記を見てみましょう!

正しいシャンプー選びは、
1ヶ月、半年、1年後のあなたに大きな影響をあたえます⭐

あなたの髪が、頭皮が、健やかに育ちますように⭐⭐

アートノイズ ℡  03-5960-3363
       mail hello@art-noise.com
24時間予約可能 art-noise-e@goyoyakumagic.com
☆当日予約朝9時まで☆

縮毛矯正
カラーリング
ノンジアミンカラー
トリートメント
エアウエーブ
デジタルパーマ
パーマ     ⇒ こちら


料金と他のメニューのご紹介!こちらをクリックしてください。→コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です