パッチテストってどんなもの??

 

ビフォー
ジアミンアレルギーでカラーリングができない!
妊娠しているからカラーリングするのは心配!
身体に安心、安全なものを使いたい!
というお客様の意見をうけて、アートノイズはジアミンゼロのノンジアミンカラーをお勧めしています。
しかも、発色がよく透明感がでると大人気いただいております。
アレルギーの方はカラーリングしたいけど怖いですよね〜
そこで、アートノイズでは、パッチテストを行なっております。やり方は下記に詳しくまとめてあります。
皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) はどんなことをするのか

ヘアカラーをお使いいただいても、かぶれの症状が起きないかどうかを調べるのが皮膚アレルギー試験、つまり「パッチテスト」です。
過去に何回も異常なくヘアカラーを使用されていた方でも、体質の変化などにより突然かぶれる場合がありますので、髪を染める48時間前には、毎回必ず、使用説明書に従ってパッチテストを行ってください。

皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) の方法 (2剤式ヘアカラーの場合) 

1. テスト薬剤をつくります。

1. テスト薬剤をつくります。

染めようとする薬剤の1剤と2剤を少量ずつ所定の割合で小皿 (金属製は不可) などに出し、綿棒で混合してテスト薬剤を作ります。

2. テスト薬剤をぬります。

2. テスト薬剤をぬります。

このテスト薬剤を、腕の内側に綿棒で10円硬貨大にうすくぬり、自然乾燥させます。
ぬった部分が30分くらいしても乾かない場合は、ティッシュペーパーなどで軽くふき取ってください。

3. 48時間放置します。

3. 48時間放置します。

そのまま触れずに48時間放置します。
※時間を必ず守ってください。
●パッチテスト中は、入浴やシャワーを控えてください。正しい結果を得るためには、48時間のパッチテスト中に、テスト部位を濡らしたり、こすったり、シールを貼ったりしないことが必要です。やむなくシャワー等する場合は、テスト部位を濡らさないようにご注意ください。

テスト部位の観察は、テスト薬剤塗布後30分くらいおよび48時間後の2回は必ず行ってください。
そのとき塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激など、皮膚の異常があった場合には、手などでこすらないでただちに洗い落とし、ヘアカラーはしないでください。途中、48時間以前であっても、同様の皮膚の異常を感じた場合には、ただちにテストを中止し、テスト薬剤を洗い落としてヘアカラーはしないでください。
※パッチテストの結果、万一異常があった場合は、皮膚科医の診療を受けてください。また、製品についてはお客様相談室までご連絡ください。

4. 異常がないか確認します。

4. 異常がないか確認します。

48時間経過後、異常がなければヘアカラーをしてください。

カラーリングや髪の毛のお悩みについては小さなことでご連絡いただければ
ご相談に応じますので☆彡
カラーリングの知識豊富なアートノイズ

アートノイズ ℡  03-5960-3363
       mail hello@art-noise.com
24時間予約可能 art-noise-e@goyoyakumagic.com
☆当日予約朝9時まで☆
縮毛矯正
カラーリング
ノンジアミンカラー
トリートメント
エアウエーブ
デジタルパーマ
パーマ   
カット
ヘッドスパ    ⇒ こちら


料金と他のメニューのご紹介!こちらをクリックしてください。→コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です