肌が弱い人でも使えるヘアカラーとは

  1. HOME
  2. 髪の悩みをサポート ノンジアミンカラー
  3. 肌が弱い人でも使えるヘアカラー

スペシャルメニュー

肌が弱い人でも使えるヘアカラーとは

ヘアカラーを使用した時にかぶれたりかゆみを感じたことはありませんか?
肌が弱い人はヘアカラーでアレルギー反応を起こしやすいと言われています。肌が弱い人でも使えるヘアカラーにはどんなものがあるのでしょうか。

肌が弱い人はヘアカラーはできない?

肌が弱いからといってヘアカラーができないわけではありませんが、肌が弱い人がヘアカラーをするとかゆみやかぶれなどの症状を引き起こすなど、ヘアカラーで不安になる要素が多々あります。
肌が弱い人がヘアカラーをする時は、商品選びが大変重要になります。自分の身体が何に反応し、どんな反応をするのかを知って、それらの成分が入っていないものを選ぶ必要があります。ヘアカラーをする前に商品の有効成分に何が使用されているかを必ずチェックするようにしましょう。

また、元々肌敏感肌の人や、何かアレルギーを持っている人、アトピー肌の人、乾燥肌の人などは、反応も過剰に出る場合も多いのでより注意が必要です。商品選びには慎重を重ねよく商品を吟味しましょう。
サロン選びにも同じことが言えます。カラーリング前にしっかりと信頼できる美容師さんと確認を取っておくようにしましょう。


肌が弱い人がヘアカラーをする危険性

具体的には、肌の弱い人がヘアカラーをする場合、どのような危険があるのでしょうか。
前述したように、肌の弱い人はかぶれたりかゆみを感じるなどの症状が出たりします。
これらの症状が出るには、様々な要因があります。ホルモンバランスの乱れによるものや、皮膚の傷などにカラー剤が触れてかぶれを引き起こしたり、アレルギー性の皮膚炎なども考えられます。

特に気をつけなければならないのが、成分が原因になるアレルギーです。肌が弱い人がヘアカラーを使用することで、新たなアレルギーを生み出してしまうことがあります。アレルギー反応は、ひどい時には呼吸困難や血圧低下などのアナフィラキシーショックの症状が出る可能性があります。またそれが原因で新たなアレルギーを生み出すこともあります。

肌が弱い人でも使えるヘアカラー

肌が弱いからと言って髪のカラ―リングが楽しめないわけではありません。肌が弱い人でも使えるヘアカラーをご紹介します。

・ヘナ
肌の弱い人が使うヘアカラー剤として「ヘナ」は聞いたことがある人も多いことでしょう。
「ヘナ」は天然素材で出来ており、無添加で刺激が少なく色持ちが良いとされています。肌の弱い人が使うヘアカラー剤としては一番ポピュラーであるといっても過言ではありません。

ジアミンというアレルギーを引き起こす成分が含まれていないとされていますが、中にはヘナでもジアミンが入っているものもあるので、サロンで施術してもらう際でも、事前にジアミンが入っていないか、美容師さんに確認することをおすすめします。
また、赤みがかった色に染まるのも特徴で、色は選べないのも特徴です。

・ヘアマニキュア
ヘアマニキュアは頭皮に染料が付かないように気をつけることでアレルギーを防ぐことができます。また、トリートメント成分を配合している商品を使うことで、仕上がりがキレイだという点や、カラーバリエーションが豊富だという点も嬉しいポイントです。

ヘアマニキュアのデメリットと言えば、やはりシャンプーの度に色落ちが進んでしまう点です。また、肌に染料が付着すると落としにくいため、注意が必要です。
ヘアマニキュアは特性上、髪の地色に仕上がりの色が影響するので、暗い髪色の場合は染まりが悪く見え、カラーサンプル通りの色を出すことが難しい点などもあります。

・ヘアトリートメント
ジアミンの入っていない白髪用のヘアカラー剤として、ヘアトリートメントがあります。自宅でも簡単に染めることができ、かゆみやかぶれが出にくいので人気です。基本的にはトリートメント剤なので、カラーリングをしたあとも髪がキレイだという点も人気の理由です。

トリートメントする度に徐々に染まっていくので、一度で白髪をまったく目立たなくなるわけではありません。白髪が気にならないくらいにまで染まるまでは時間がかかることが難点です。

・ヘアバター
ヘアカラートリートメントと並んで人気があるのがヘアバターです。白髪染め用で使用している人もいますが、オシャレ染め用のイメージが強いという人も多いことでしょう。
ヘアバターはヘアカラートリートメントと同じく、トリートメントしながら染めるものなので、髪の傷みを気にせず染めることが出来るところが人気の理由です。

ヘアトリートメントは白髪染めを目的にしているので、色のバリエーションが黒~茶色が中心であるのに対し、ヘアバターは黒や茶色はもちろん赤や青、緑などカラーバリエーションが豊富なことが特徴です。また、色を混ぜ合わせて自分だけの色を作ることができる楽しさもあります。

カラーバターもヘアトリートメントと同じく、髪の地色に仕上がりの色が影響を受けるので、暗い髪色の上から染めても発色が悪い場合があります。
色持ちも長くなく、定期的な使用が必要になる点もあります。ですが、色持ちが短いという点は、カラーリングを色々試したい場合には、デメリットがメリットに感じる人もいるかもしれません。


肌が弱い人でも髪のカラーリングを楽しみたいものです。自分の髪や頭皮の状態を知って、自分に合うヘアカラー剤を見つけてみてはいかがでしょうか。肌が弱いからと諦めずにオシャレを楽しみましょう!


PAGE TOP